意匠とは?


意匠とは物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって視覚を通じて美観を起こさせるものをいいます(2条1項)。 分かりやすい言葉でいうと、意匠とは物品の外観(デザイン)であって、視覚的に美的処理がされているもののことをいいます。 ここでいう美感とは、美術品などの崇高な美を要するものではなく、なんらかの美的感覚を起こさせるものであれば足ります。

意匠と物品は切っても切り離せないものです。また形状は物品の必須構成要素であり、形状のない、単なる模様や色彩のみでは物品として成立せず、意匠登録を受けることができません。物品とは、市場で流通する有体物たる動産をいいます。物品に該当しないものの例としては、例えば電気や熱などの無体物、液体や気体など定型性を有しないもの、粉状物や粒状物もまたその集合体は定型性を有さず物品とは認められません。

意匠を構成するためには、第1に、その意匠に係る物品が法上の物品であることが必要です。第2に、物品自体の形態であることが必要です。第3に、視覚に訴えかけるものである必要があります。第4に、視覚を通じて美観を起こさせるものである必要があります。視覚に訴えかけるものであるとは、例えば肉眼で認識できないもの例えば機械の内部構造のようなものについては意匠として保護を受けることができません。また、粉状物や粒状物のように一つの単位が微細であるために肉眼でその形状を認識できない場合にも意匠として保護を受けることができません。ただし、現実の取引において拡大鏡などを用いて観察することが通常であるときには意匠として保護を受けることができる場合があります。

意匠については、「意匠の知識のページ」でも、詳しく書かれています。
http://ppmark.com/it.htm

ページのトップへ戻る