意匠権の効力


意匠権者は、業として登録意匠及びこれに類似する意匠の実施をする権利を専有します。

意匠権の効力は登録意匠のみならず登録意匠に類似する意匠にも及びます。

意匠法は特許法や実用新案法と同じく、抽象的なアイディアを保護するものであります。その点、特許法や実用新案法においては特許権に係る発明また実用新案権に係る考案と同一の範囲について効力が認められています。そこで意匠法においても、それに合わせた形で類似の範囲の意匠にまで効力を認めています。また、意匠は物品の美的外観であり、その同一の範囲が極めて狭いものとなっており、類似の範囲にまで効力が及ばないと、十分に登録意匠を保護することができないからです。


ページのトップへ戻る