意匠権の存続期間


意匠権の存続期間は、設定登録に日から20年間で満了します。

また関連意匠制度を利用した出願の場合には、本意匠の意匠権は本意匠の意匠権の設定登録の日から20年間、関連意匠の意匠権は本意匠の意匠権の設定登録の日から20年間で満了します。ただし、関連意匠の意匠権の効力が発生するのは、関連意匠についての設定登録により発生します。

関連意匠の意匠権は、本意匠の意匠権が放棄された場合、本意匠の意匠権について意匠登録の無効が確定した場合、本意匠の意匠権の登録料が納付されたなかった場合であっても消滅しません。そもそも本意匠と関連意匠の整理は便宜的なものであり、双方ともに独自の創作的価値を有するものだからです。

一方で、商標権の存続期間 は、設定登録の日から10年間です。意匠権よりも短いと思うかもしれませんが、商標権の場合は更新をすることができます。更新を繰り返すことにより、半永久的に存続可能です。意匠権の場合には更新制度はありませんので、20年間が経過すると、権利の効力は消滅します。

ページのトップへ戻る