図面について

図面


意匠登録出願の際に図面は必須です。図面に記載された意匠からその形態を認定するからです。 図面は正投影図法により同一縮尺で作成された6面図が必要となります。6面図とは、正面図・背面図・右側面図・左側面図・低面図・平面図です。

図面にかえて


図面に代えて写真、ひな形、見本を提出することもできます。その場合には願書に写真、ひな形又は見本の別を記載する必要があります。 写真を提出する場合には、意匠以外のものが映らないように、また前方が大きく後方が小さくならないように極力注意しなければなりません。 ひな形や見本を提出する場合には、壊れにくいものや容易に変形・変質してしまうもの、取扱いや保存に不便なもの、所定の袋に納めた場合にその厚みが7ミリ以下になること等に注意しなければなりません。

ページのトップへ戻る