登録の要件


【3条1項柱書】
その商標を自己の業務に関する商品・役務に使用すること、または使用する可能性が必要です。

【3条1項各号】
商標が識別力を有していることが必要です。

【4条1項各号】
4条1項各号の要件を満たしていることが必要です。

先願主義


商標登録は、先願主義です。先に願書を提出した者に登録を与えるという主義のことです。既に登録されている商標と同じ商標や似ている商標は、登録を受けることができません。また、既に出願されている商標と同じ商標や似ている商標は、登録を受けることができません。たとえ、一日違いであったとしても、一日でも先に出願した者に権利が付与されます。

重要なのは出願することです。先に使用していたという主張は、原則として認められません。何十年も使用している商標であったとしても、これから使用しようとする他人が先に出願してしまえば、その他人に権利が与えられます。他人が商標登録してしまえば、もうその商標を使用することはできません。何十年も使用していた商標であったとしても、適切に登録しておかなければ、使用できなくなってしまう可能性もあるのです。

同日に出願があった場合については、商標の同日出願 を解説してあるサイトをご覧ください。

他人の出願よりも先に、その商標を使用していた場合、例外として先使用権を主張できることもあります。ただし、先使用権を主張するためには、いくつかの要件を満たしている必要があります。

■ 他人の商標登録出願前から使用していること
■ 日本国内において使用していること
■ 不正競争の目的でなく使用していること
■ 自己の業務に係るものとして有名であること
■ 継続して使用すること

これらの要件を満たす場合には、その商品又は役務についてその商標の使用をする範囲内で先使用権を有します。先使用権の要件のうち、論点となるのが「有名であること」の要件です。どの程度有名である必要があるのかというと、必ずしも全国的に有名でなければならないというわけではなく、一地方で有名であれば認められると考えられています。

ページのトップへ戻る