商標とは?

商標法2条において「商標」は、このように定義されています。

商標法2条
この法律で「商標」とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるものをいう。

一  業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
二  業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの


商標とは、分かりやすく言えば「会社名」や「商品名」「ブランド名」などのことです。
具体的には、

ソニー株式会社の登録商標(第4120431号)写真

また、ゼネラル・ミルズ・マーケティング・インコーポレイテッドの登録商標(第3008574号) 写真

などがあります。この他にも、「カーネルサンダースの人形」や「ぺこちゃん人形」のような立体的な商標も登録されています。

平成27年度から導入された新しい商標は「音響商標」「色彩商標」「位置商標」「ホログラム商標」「動き商標」です。音の商標登録 について書かれたサイトはこちらです。すでに海外では登録が認められていた、これらの商標について、ついに日本でも登録が認めれられるようになりました。

商標登録についてのメリットは数多くあります。最近では、OLが脱サラして起業したり、子育てが一段落した主婦が起業したりすることも増えてきました。そして、店舗の名前や商品名などを商標登録する機会も増えてきました。女性企業家のために「具体的な商標登録の事例」について書かれたサイトがありますので、ご覧ください。女性のための商標登録 登録のメリットや具体的な登録事例について書かれています。

ページのトップへ戻る