商標権の存続期間


商標権の存続期間は、設定登録の日から10年間です。

ただし、商標権の存続期間は、権利者の更新登録の申請により更新することができます。 更新することにより、さらに10年間存続期間が得られます。商標権は、その商標に化体した業務上の信用を保護することを目的としており、特許権のように存続期間を限る必要がありません。むしろ、存続期間を限ってしまえば、これまでの使用により蓄積された信用を保護するという法目的に反する結果となってしまいます。だからといって何ら制限なく、一度設定された権利が永久に存続することになれば、権利者が存続を希望しなくなった場合や、長期間使用しない登録商標が大量に存在することにより、第三者の商標の使用と選択を狭めてしまう結果となり不当な結果を招くことになってしまうからです。そこで商標法では、更新制度を設けているのです。

ちなみに、特許権の存続期間は、出願の日から20年間です。
実用新案権の存続期間は、出願の日から10年間です。
意匠権の存続期間は、設定登録の日から20年間です。


ページのトップへ戻る