商標調査について


商標調査とは、出願の前に、商標の専門家により行われる事前調査のことをいいます。

具体的には、

「その商標が識別力を有しているかどうか?」
「既登録・先願商標と同一又は類似ではないか?」
「その商標は公序良俗違反ではないか?」
「その商標は他人の氏名を含むものではないか?」
「その商標は他人の業務に係る商品・役務と混同を生じるおそれがあるものではないか?」
「その商標は種苗法で品種登録を受けた名称と同一又は類似ではないか?」
「その商標は商品の品質の誤認を生ずるおそれがあるものではないか?」
「その商標は役務の質の誤認を生ずるおそれがあるものではないか?」
「他人の登録防護標章と同一の商標であって、同一の商品・役務に使用するものではないか?」

などの調査を行います。
出願費用を無駄にしないためにも、商標調査は必ず行いましょう。



ページのトップへ戻る